buildit logo
Column

習慣化支援アプリで社員の仕事効率アップ!習慣化のメリットやコツ

習慣化支援アプリで社員の仕事効率化を実現!

行動が習慣化することで労力は最小限に抑えられ、確実に成果を出せることから、習慣化アプリで仕事を習慣化し、社員のモチベーションを上げることができます。仕事の効率は上がりますが、社員は習慣化する前よりも自然に働けるでしょう。

このページでは、行動を習慣化するメリットや習慣化支援アプリの選び方、習慣化するコツについて解説します。社員のやる気や仕事効率をアップできる習慣化支援アプリの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

行動が習慣化すれば、何も考えずに自然にその行動ができるようになります。行動が習慣化すれば労力を最小限に抑えられ、確実に成果を出せて自分に自信がつきます。
習慣化できるまでは大変ですが、習慣化してしまえば労力を使うことなく行動できます。

伸びをする人物

習慣とは、毎日や定期的に繰り返し行っている行動のことをいいます。習慣化された行動をするためには、特別な意志や思考を必要としません。

例えばいつも8時に起きる人が5時に起きようとすると、目覚ましを複数セットするなどの対策が必要かもしれません。「起きる!」と前の夜に決めていても、いざ目覚ましが鳴ると眠気に負けてしまって起きられないかもしれません。

慣れていない行動を取るためには、特別な意志や努力が必要になります。ところが、普段から5時に起きることが習慣化されている人は、特別な意思や努力がなくても5時に起きられるでしょう。これが習慣化です。

デューク大学が発表した論文によると、日々の行動では40%以上ものことが習慣によって行われているようです。つまり良い習慣を身につければ、生活の質を向上させることができるのです。

習慣化は大きく3つに分類されます。

  • 行動習慣
  • 身体習慣
  • 思考習慣

上記が習慣化の3つの種類です。

行動習慣とは勉強や料理で、習慣化が定着するのに必要な期間は約1か月です。通勤も行動習慣に分類されるので、リモートワークで通勤のない生活に慣れ、また出社するようになると通勤を負担に感じることがあります。その場合でも1ヶ月ほどで慣れて元の生活に戻るでしょう。

身体習慣とはダイエットや早起きです。禁煙も身体習慣です。禁煙に挑戦して挫折しそうになったときには、3か月で辛くなくなると自分に言い聞かせて頑張ってください。

思考習慣とは、ポジティブシンキングなど、ものの考え方です。考え方や思考を変えることは大変で、習慣化するのに6か月ほど必要だといわれています。

ビルディットでは習慣化支援アプリを提供しています。行動や考え方などの習慣化をご希望の場合には、ぜひお気軽にご利用ください。

習慣化するメリットについて

慣れれば楽だということは誰もが経験しているでしょう。特に仕事では慣れるまでは大変だと思っていたことが、慣れてしまえば何でもなかったりします。

しかし、それは慣れたからいえることであって、慣れるまではなかなか辛いものです。新しいことを習慣化させるには、モチベーションも重要です。

よい習慣を身につけることで得られるメリットについて知っておきましょう。

1.労力を最小限に抑える

「することが当たり前」という状態になると、労力は最小限に抑えられます。歯磨きや入浴などが生活上当たり前になっていることを考えると、理解できるでしょう。

人は普段当たり前にしていることを、労力を使ったとは感じません。どんなことでも新しいことを始めると、最初はうまくいかないことが多くても、根気よく続けるうちに「当たり前」になっていくのです。当たり前の状態になれば、あとは労力を感じずに習慣化していきます。

2.成果が確実

どんなことでも続けていけば、成果が出るでしょう。その結果、また新しいことを始めるモチベーションにもつながるのです。これが習慣化することで、新しいことへとチャレンジしようというマインドセットになり、今後の人生において、自己成長できる人になれる可能性が高いでしょう。

3.自信がつく

人は、自分が決めて行動したことがよい方向へと進み、成果を出すことで自信がつきます。習慣化は自分が毎日行っている行動であり、少しずつ努力が積み重ねられていきます。その結果、より大きなものに挑戦してみたいと思えるエネルギーにつながるでしょう。

ビルディットでは気づきの習慣化をサポートする習慣化支援アプリ「Stockr」をご提案します。日常生活の様々なことを習慣化させたいとご希望の方は、ぜひご利用ください。

習慣化支援アプリはカレンダーと連携させて、習慣行動をいつから始めたのかをチェックしておきましょう。

リマインド機能で通知がくるように設定しておけば、うっかり忘れてしまうことを防げます。達成率を記録できる習慣化支援アプリだと、目標のために行動することができ習慣化へと近づけるでしょう。

習慣化支援アプリの選び方について

習慣化支援アプリには様々なものがあります。

こちらでは、習慣化支援アプリをインストールする際にチェックしたい選び方をご紹介します。

1.カレンダーと共有できるアプリ

カレンダーとの共有機能が付属している場合、習慣化させたい行動を始めたのはその月の何日だったか、その日から何日が経過しているのかを確認できるので、自分の位置が把握しやすくなります。

カレンダーと共有されていれば、本当に習慣化できているかどうかもわかるので、ここをしっかり押さえておく必要があります。

2.リマインド機能があるアプリ

リマインドとは、予定を入力しておくこと、予定日や予定時間の前にアラートやメッセージで予定があることを教えてくれる機能です。大事な予定の前に通知が来るので、うっかり予定を忘れてしまうことを防げます。

3.達成率を記録できるアプリ

目標になかなかたどり着けない人に多いのは、どこまで進めているのかという、進捗率や達成率がわからないからということが考えられます。日々の行動によって達成率が上がっていけば、自然と自信がつき、より一層目標のための行動をしたくなり、一種の癖にしていくことができます。

ビルディットでは習慣化支援アプリを取り扱っています。自分自身に自信をつけて達成率を上げたいとお考えの方は、ぜひご利用ください。

端末を操作する人物

同じように行動を始めても、習慣化できる人と三日坊主になる人に分かれます。習慣化できない原因は3つあります。

1.一度に大きく変えすぎる

明確な目標があるときにやってしまいがちな失敗です。脳は急激な変化を拒否します。脳は安定化志向なので大きな変化を嫌がるのです。一気に変えようとする大きすぎる目標は脳が拒否反応を起こしてしまうので、少しずつ変えていくことが大切です。

目標を立てたときはモチベーションも高く頑張れますが、この状況は3日ほどしか続きません。急激な変化は、脳が元に戻そうとします。これが三日坊主の原因なのです。

2.何でも自力でしてしまう

他人に頼ることが苦手な方や根性論が好きな方は、何でも自力でやろうとしてしまうことに注意が必要です。習慣化するためには自分が行動することが必要なのですが、行動することと何でも自力でしようとすることは別です。

行動することが大切なので、行動するためには人に頼ってもよいですし、応援を求めてもよいのです。自力にこだわって挫折してしまうよりも、周囲に頼って一緒に行動し習慣化することの方が得策です。

3.短期で成果を求めてしまう

目標に向かって行動していても、なかなか成果が出なければモチベーションが下がり、行動そのものをやめてしまいます。結果に焦ってしまい、中長期な計画を立てなければならないのに短期で結果を求めてしまうため、習慣化する前に嫌になってしまうのです。

目標にたどり着くためには、短期目標だけでなく中期・長期目標を立てて実行することが大切です。

行動が習慣化することで、その行動は特別なことではなく日常の中に紛れ込んでいるような、当たり前の行動になります。習慣化していなければ大変だと思うようなことも、習慣化することで労力を感じなくなります。

ビルディットでは習慣化支援アプリを提供しています。経験からの学びと気づきの積み上げ、それらのふりかえりを習慣的に行うことができるアプリです。企業では社員の仕事の効率化、やる気アップにも役立ちます。

習慣化支援アプリの導入をご検討されている場合は、ぜひお問い合わせください。

社員の仕事効率化にも役立つ、習慣化支援アプリ「Stockr」の導入をご検討中の方はビルディットまで

会社名 株式会社ビルディット
代表者名 富田 陽介
設立 2016年3月
住所 〒192-0082 東京都八王子市東町1−14 橋完ビル4F
URL https://bldt.jp/
事業内容
  • 教育/育成関連事業システム開発
  • 機械学習を活用したアプリケーション開発
  • 情報システム/サービスのクラウド移行支援
  • ソフトウェア開発技術者・クリエイター育成
  • その他、Webアプリケーションおよびスマートフォン向けアプリケーション開発
加入団体 八王子商工会議所,
八王子法人会,
サイバーシルクロード八王子